​海老原喜之助  岩下三四 大嵩禮造 素描展
​三者三様の個性的な表現

私は素描を絵画の単なる骨組み(下絵)とは考えたくない。

素描とは絵画それ自体であると私は確信するのである。海老原喜之助「デッサンと私」

 

戦後の海老原はデッサンに明け暮れる日を過ごしました。そしてそのデッサンというエッセンスを元に一気にいくつもの表現を展開していきました。素描とは絵画それ自体であるという海老原喜之助、その海老原が喜ぶほどのデッサンを携えて最初の留学から帰国した大嵩禮造、「デッサンは線の勉強である。形は線によって表される」と学生に説いた岩下三四、三者三葉の素描はそのまま其々の作家の表現そのもの素描から表現のヒントを探ってみてはいかがでしょうか。

​昭和の初めから鹿児島の美術界に県出身の傑出した作家として、また教育者として多大な貢献をした三人の素描をご紹介します。


 

海老原喜之助

1904年鹿児島市に生まれる。18歳で渡仏。藤田嗣治の薫陶を受け、パリで次代の画壇を担う画家として注目される。

藤田の天才的素描力の影響を受けた海老原の画業はデッサンから始まったと言って過言ではないだろう。海老原は、恩師の名を辱めないようにと生涯素描癖に取りつかれた。

海老原のデッサンは何千枚にも上ると言われる。

​油彩画にも匹敵する海老原のデッサンをご覧ください。

大嵩禮造

1904年鹿児島市に生まれる。18歳で渡仏。藤田嗣治の薫陶を受け、パリで次代の画壇を担う画家として注目される。

藤田の天才的素描力の影響を受けた海老原の画業はデッサンから始まったと言って過言ではないだろう。海老原は、恩師の名を辱めないようにと生涯素描癖に取りつかれた。

海老原のデッサンは何千枚にも上ると言われる。

​油彩画にも匹敵する海老原のデッサンをご覧ください。

岩下三四

1904年鹿児島市に生まれる。18歳で渡仏。藤田嗣治の薫陶を受け、パリで次代の画壇を担う画家として注目される。

藤田の天才的素描力の影響を受けた海老原の画業はデッサンから始まったと言って過言ではないだろう。海老原は、恩師の名を辱めないようにと生涯素描癖に取りつかれた。

海老原のデッサンは何千枚にも上ると言われる。

​油彩画にも匹敵する海老原のデッサンをご覧ください。