​石躍達哉の日本画と牛島憲之の木版画展

牛島 憲之(うしじま のりゆき 1900年8月29日 - 1997年9月16日)は、洋画家熊本県熊本市二本木町生まれ。

風景画の作品が多く、柔らかな線と穏やかな色彩を特徴とする。牛島の描くモティーフの種類はある程度限定され、同じ風景が数多く繰り返し描かれる。

熊本の裕福な地主の息子に生まれ、東京芸大の講師になるまで勤め人になったことが無かったという。日展に入選後も絵を売らず、また華やかな場に参列することも少なく、画家とは名誉ではなく描き続けることであるという立場を貫いた。家族には「絵の具とカンバスと、雨風しのげて目と手があれば、絵は描けるんだよ」と言い続けたという

世田谷区在住であったが、多摩川近郊、特に府中によくスケッチに出かけた縁から、東京都府中市の府中市美術館に遺族が寄贈した作品100点が収蔵されている。

​石躍達哉

川辺高校卒、東京藝術大学府大学院修了。

パリにアトリエを構えた1988年頃、それまでのシュールな人物画から花鳥諷詠の世界にはいる。

平成10年に瀬戸内寂聴訳「源氏物語」の装幀画54帖を描き、200万部を発刊する快挙を成し遂げる。

平成11年両洋の眼展で河北倫明賞を受賞し、国内外で平成琳派の旗手と目される。

平成18年から歴史的な建造物である、金閣寺の方丈広緑杉戸絵および客殿格天井画を製作し、平成19年11月厳かに落慶法要が営まれた。

​また、平成23年には、三十三間堂本坊妙法院門跡障壁画が完成した。その確かな筆致と華麗な色彩は益々高い評価を受けている。